【解説】5Gのメリット・デメリット。WiMAXのこれから

2020年から提供が開始されると言われている第5世代移動通信システム5G(ファイブジー)。

4Gからひとつ数字が増えたため、ゆくゆくは5Gに移り変わっていくのだろう、程度に感じている方も多いとは思いますが、実は提供開始から即座に移り変わる訳ではなく、しばらくは4G/5Gの併用が予想されています。

それは5Gの特性が大きな意味合いを持っているのです。

そもそも5Gとは

5Gは、従来使用している6GHz以下の電波に加え、新たに6GHzを越える電波を併用する通信方式のこと。

とくにこの6GHzを越えるという所がポイントです。一般的に電波の周波数は、大きくなるほど情報量は増加します。電波の周波数とは1秒あたりどれだけの回数振幅するかということですので、振動回数と情報量は正比例するということです。

5Gのデメリット

ただし、周波数が高い電波を使うということはすなわち、電波が届きにくくなるということでもあります。

電波は文字通り、空気中を電子が進む波と言い換えることができます。周波数の少ない、つまり振幅が少ないと空気中の余計な物質(例えば水分など)に衝突する可能性は少なくなりますが、振幅が多いとこの可能性は飛躍的に高まります。

また、周波数が高まるごとに建物の透過や電波の回折などの減少が起こりにくくなるためため、5Gで使用される6GHz帯は、4GやLTEで使用されているバンドより繋がりにくいという欠点があります。

携帯電話基地局の陰に入ってしまった場合、5Gは使用できなくなる等のことが考えられるため、4Gとの併用は重要となります。また、もう一つの欠点、というか宿命として、扱う情報量が多いほど、消費する電力量が増えるという点が挙げられます。

これはある種仕方のないところですが、5G導入の一つのネックは、モバイル端末のバッテリー問題でしょう。

こういう場合はWiMAXがおすすめ

こういう場合はWiMAXをつかうのがおすすめです。WiMAXはモバイルWiFiやポケットWiFiとも呼ばれます。WiMAXが使っている周波数は2.5GHz。

WiMAXも5Gが普及する時にはかなりの高速通信になっているのでおすすめです。もし選ぶ場合はしっかり比較や評判を見る事が大事です。

おすすめのWiMAXプロバイダ

キャッシュバックなしでよいのでお得にWiMAXを使いたいのであれば、BroadWiMAXがおすすめ。

Broad WiMAXの特徴・評判
セレクトWiMAX

キャッシュバックの受け取り方法は少し難しいですが、最大限に割引を活かしたいのであればGMOとくとくBBが最安です。

GMOとくとくBB(キャッシュバック)の特徴・評判
セレクトWiMAX

5Gのメリット

以上のように5Gについて説明してきましたが、5G一番のメリットはやはりその速度と低レイテンシでしょう。

速度が速いということはそれだけ多くの人に対して通信帯域を提供できるということであり、駅や商業施設などの人口密集地における繋がりにくさの解消が期待できます。

5G環境では10Gbps程度(これは家庭用光回線の実測値並)の回線速度を確保できるため、現在逼迫している4G電波に余裕を持たせることができるようになります。

また5Gはその遅延の少なさからリアルタイム性が重要なスポーツ中継などに利用されることが予想されています。

まとめ

2020年の導入以降、しばらくは4Gとの併用が予定されている5G。高速通信ならではのメリット・デメリットはありますが、私達の暮らしを改善する新たな通信方式となることは間違いないでしょう。